V2H(Vehicle to Home)

V2H(Vehicle to Home) 

V2Hシステムとは、リーフ等EV(電気自動車)の大容量バッテリーから電力を取り出し、分電盤を通じて家庭の電力として使用できる仕組みをいいます。


割安な夜間電力をEVに充電し、昼間はEVのバッテリーに蓄えた電力を家庭へ給電することで、家計の節約につながります。


また夜間電力の活用は、電力需要のピークシフトの役割を果たし、昼間の節電にも貢献します。

 


★1EV以外の車種にも使用できます。〈対応車種〉 三菱自動車工業株式会社:MiEVシリーズ、アウトランダーPHEV
・トヨタ自動車株式会社:燃料電池自動車「MIRAI」(車両への充電機能をご使用いただくことはできません。)
2016年6月現在(ニチコン様HPより引用)

 

太陽光発電の電気を車への充電に使う事も出来るため、さらに低燃費♪

電気自動車が蓄電池代わりに!

 

catalogue.jpg

ニチコン evパワーステーションの工事承ります。