蓄電池

家庭用蓄電池とは

 

 SSL_s.png

 image3.png

 

  電気を蓄えておき、必要な時に必要な分だけ使うことができる蓄電池。高価なため本当に電気が止まっては困る所(病院やサーバールーム等)で使用されることがほとんどでしたが、計画停電の経験や省エネ推進の動きから、家庭用蓄電池が普及し始めています。


   太陽光発電&オール電化と相性がよく、組み合わせることでメリットが増えることから、エネルギーを作り出し貯めて、効率よく使う「スマートハウス」の中核をなすシステムとして、今後も普及が進んでいくと考えられています。

yh20131119Panasonic_mainpart_350px.jpg


  現在普及している家庭用蓄電池は、家庭内のエネルギーコントロールすなわち「電気を作り、貯めて、使う」の仕組みの一部を担うことができる定置型が主流になっています。

 

株式会社ラクサポでは、長州産業、パナソニック、ニチコン、スマートスター等各社の蓄電池を用途に合わせご提案できます。